やすおブログ

ブログ始めました。

【おしゃれの基本】三大シルエットについて

 どうもこんにちは!

今回は服を着るにあたっての「シルエット」について解説していきたいと思います。

それはずばり

 

三大シルエット

 

実はこれを実践しているだけでおしゃれにみえるんです。

 

これを見た人は明日から使ってみてください。

 

おしゃれってこんなに簡単にできるんだ!って感じます。

 

 

三大シルエット

 

まず、「三大シルエット」にはIシルエットYシルエットAシルエットという大きく分けて三つのシルエットがあります。

 

 おしゃれになるためには、スタイルがよく見えるというのが条件なので、この「三つのシルエット」は非常に大事です。

アルファベットは基本的にその文字の形をシルエットに例えているだけなので、あまり難しそうに考えないでください。

 
Iシルエット

MoriCさんの(古着)を使ったコーディネート

http://wear.jp/moric/8508104/

 

このように「Iシルエット」はトップスもボトムスも細くした「シルエット」です。

 

とりあえず、どっちも細めにしておけば「Iシルエット」の完成です。

 

画像はトップスにシャツにジャケットを羽織り、「スキニージーンズ」を着用した非常にきれいなコーデでスタイルをよく見せています。

 

 
Yシルエット

トップスがぶかっとしたものかつ、ボトムスに細身なものを合わせることによって生み出されるのが「Yシルエット」です

 にっしーさんの(RAGEBLUE|レイジブルー)を使ったコーディネート

 画像のように「スキニーパンツ」にコートを合わせるというのが多くみられます。魔法使いみたいでかっこよく見えますね。

 

 

 

Aシルエット

トップスが細めでボトムスが緩めのものを使うのが「Aシルエット」です。

今の流行がビッグシルエットなので、おしゃれな人なら一度は必ず通る道です。

ただ好みは分かれると思うので、そこはご了承を...

 げんじさんの「◆BEAMS / デニム Gジャケット(BEAMS|ビームス)」を使ったコーディネートhttp://wear.jp/genji/8044735/

 

この画像は細めのデニムジャケットにワイドパンツを合わせきれいな「Aシルエット」を作っています。

 

 

 

このように画像を見ながら三大シルエットについて説明してきましたが、どの画像も「シルエット」を意識したコーデなので、スタイルがよく見えますよね。

 

 

画像をみて皆さん気付いたと思いますが、「Yシルエット」と「Iシルエット」には共通点があります。

 

それは「Yシルエット」も「Iシルエット」もスキニーパンツを使っているということです。

 

前回のブログで「黒スキニー」について書きましたが、「Yシルエット」や「Iシルエット」は体のシルエットをきれいに見せるものなので、ぴちっとしているスキニー×収縮色の黒、はとても相性がいいんです。(だからあんなに「黒スキニー」のことについて書きました(笑))

 

黒スキニーについてはこの記事をどうぞ

yasuonakai.hatenablog.com

 

また、「Yシルエット」や「Iシルエット」はあまり季節を選ばないでできるコーデなので(夏はちょっと厳しいかな)最初は、この二つを意識してコーデを組むといいと思います。

 

 

「Aシルエット」は上下にメリハリがついて、非常にきれいにみえます。

しかし、冬などの寒い季節は、ズボンの隙間から風がびゅうびゅう入ってくるのであまりおすすめできません(笑)

基本的には、「Aシルエット」は春や夏に活躍すると思ってください。

 

まとめ

  • 「三大シルエット」にはIシルエット」、「Yシルエット」、「A シルエットがある。
  • 「Iライン」は上下ともに細め
  • 「Yライン」はトップスが緩めで、ボトムスが細め
  • 「Aライン」はトップスが細めで、ボトムスが緩め
  • スキニーをはくことできれいな「Yシルエット」、「Iシルエット」ができる。
  • 「Aシルエット」は春、夏で大活躍。
  • 「Yシルエット」、「Iシルエット」はほとんどのシーズンで使える。

 

こんな感じで、「シルエット」について紹介しましたが、これらは、あくまで基本的な「シルエット」だと思ってください。

 

中には「三大シルエット」に当てはまらない「シルエット」もあるので、また紹介します。

 

皆さんがコーデを考える際の参考にでもしていただければいいなって思ってます。

 

ではまた

 

広告を非表示にする